プラセンタのアミノ酸 構成値

豚プラセンタのアミノ酸の構成 通販サイトにて紹介している「なおちゃんのプラセンタ」100g中のアミノ酸分析値です。

アミノ酸は簡単にお伝え致しますと「タンパク質」の事です。

プラセンタは危険なのではないか?

プラセンタのサプリには何か副作用があるのではないかとお考えになる事もあるかもしれませんが一言で言えば焼き肉で焼いて食べるレバーやセンマイと同じと考えて頂ければ良いのではないでしょうか?

2012年のレバ刺しの様に危険が伴うと判断された場合には食べる事などが禁止されます。
2001年の3月以降には厚生労働省によって牛のプラセンタは狂牛病の問題により使用が禁止されています。

・主なアミノ酸(100g中)

グリシリン 16.00
プロリン 9.27
グルタミン酸 9.07
アラニン 7.18
アレルギン 5.49
アスパラギン酸 5.48
リジン 3.67
ロイシン 3.42
セリン 3.00
バリン 2.54
スレオニン 2.11
フェニルアラニン 1.93
イソロイシン 1.61
チロシン 1.02
ヒスチジン 0.82
メチオニン 0.77
シスチン 0.42
トリプトファン 0.04

なおちゃんのプラセンタは通販サイトにて販売しております。

・プラセンタ サプリの選び方
豚プラセンタの安全な見分け方
日本でのプラセンタの歴史
プラセンタエキスの成分
プラセンタのサプリメントの形状
プラセンタのサプリ製造工程
プラセンタのアミノ酸 構成値
胎盤(プラセンタ)の働き

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100000171&eid=76

ページトップへ