日本でのプラセンタの歴史

日本におけるプラセンタの歴史

プラセンタサプリと聞いてプラセンタがどのくらいから日本で使われてきたかと想像がつく方は少ないと思います。

昭和かしら?平成かしらと思われる方が多いと思いますが、プラセンタの歴史は古く日本では江戸時代に加賀藩の秘薬として登場しています。

日本人は古くから以外にもプラセンタ(胎盤)を利用していたのですね。

もちろん江戸時代の事ですからソフトカプセルなどにする技術はなくプラセンタ(胎盤)を粉末にして使っていたようです。


今では、プラセンタのサプリメントやドリンク、粉末、カプセル、錠剤、注射など様々な種類が御座います。

時代の変化により作る方法自体も多大きく変化してきました。
代表的な作り方は天然酵素を利用した‥形街攸琶解法や凍結融解法、2耽緤解法が御座います。

製造方法によりプラセンタのサプリとして出来上がった後の栄養価の含有率に違いが出て参ります。

・栄養素の高い順
‥形街攸琶解法
凍結融解法
2耽緤解法


又、プラセンタを閉じ込めるカプセルなどのコーティングや製造過程の工夫により異なりますが、プラセンタには独特の匂いがありますのでニオイに弱い方は香りをあまりかがれない方が良いかと思います。

香りなどは些細な事ですが、使用する前に知っているのと知らないのでは購入後に大きな違いがあるかと思います。


当店で、1番人気のプラセンタのサプリ

・プラセンタ サプリの選び方
豚プラセンタの安全な見分け方
日本でのプラセンタの歴史
プラセンタエキスの成分
プラセンタのサプリメントの形状
プラセンタのサプリ製造工程
プラセンタのアミノ酸 構成値
胎盤(プラセンタ)の働き

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100000171&eid=72

prada outlet uk

Your article 日本でのプラセンタの歴史 プラセンタならサプリメントアドバイザーの通販 健康美館 本店 write very well, thank you share!
prada outlet uk  2013-08-07 06:25

ページトップへ