豚プラセンタの安全な見分け方

豚プラセンタのサプリメントを選ぶにあたり、最も気なる事は、効果の前に安全性と言う方もお見えになると思います。

特に、サプリメント全般に言える事は、見た目がほとんど同じで見分けがつかないと言う事です。

今、この「豚プラセンタの安全な見分け方」のページを見ている貴方様もインターネットで色々と調べられている事と思います。

では、実際にどのようにみ見分けるのか?

そもそも、プラセンタ自体が危険な物ではないかと考えていらっしゃる方もお見えになるかもしれません。
まずは、プラセンタ自体についてお話をさせて頂きます。 日本でプラセンタを利用した歴史は古く江戸時代、漢方薬として利用され今ではサプリメントや注射、ドリンク、粉末、化粧品など色々な商品として販売されています。 近年サプリメントなどの原料ランキングでは2位になる程、最も使われている成分の1つです。 世界各地でも幅広く利用されています。 又、栄養素の構成は元々タンパク質やアミノ酸で構成されていますのでそう言った点では安全と言えるのではないでしょうか。
まずは、安全と言っても多種、多様な事柄があります。

無着色や無香料の物をお探しの方。
体に入る物だからこそ食品安全検査を受けたサプリなのか?
製品や原料になる前に豚さんが病気にかかっていないか?成長ホルモン剤などが使われていないか?
作っている工場は衛生管理が整い不衛生でないか?
又、プラセンタ自体が体に及ぼす危険性はないのか?さまざまだと思います。

香料、着色料については簡単に判断出来ますね!通販サイトであれば成分や原材料の表記がありますのでプラセンタのサプリメント事にご確認ください。

食品安全検査については、第3者機関に依頼し検査済みの健康食品とそうでない物とさまざまです。
検査書などが記載されている事が良いかと思います。

又、豚さんの病気に対しては、日本国内で言いますとSPF豚。又生産者管理制度(生産に至るまでの流通経路が解る)トレサビリティー制度に対応した原料を使用している事がオススメです。
専任の獣医がつき管理されているので安心です。

体に及ぼす影響で御座いますが、日本では江戸時代からプラセンタを漢方薬として使用してきた歴史が御座います。安全を100%保証する事は出来ません。

当店でもご購入された方の中にもご購入頂きお召し上がり頂いたのですが、プラセンタが体に合わず頭痛や吐き気を模様された方もいらっしゃいます。
1000人に1人くらいの確率でお見えになるのではと感じています。

その場合には開封後でも返品可能なお店を選ばれると宜しいかと思います。返品条件などがある場合も御座いますので購入前に販売店サイトなどをご確認ください。



当店で、1番人気のプラセンタのサプリ

・プラセンタ サプリの選び方
豚プラセンタの安全な見分け方
日本でのプラセンタの歴史
プラセンタエキスの成分
プラセンタのサプリメントの形状
プラセンタのサプリ製造工程
プラセンタのアミノ酸 構成値
胎盤(プラセンタ)の働き

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100000171&eid=71

ページトップへ